『4gの長さは太陽系』という電子書籍を上梓しました(160903)

 今回の『4gの長さは太陽系』はA4サイズのコピー用紙の中にあって、A4サイズのコピー用紙を形成している原子に着目し、原子の大きさをファンデルワールス半径の2倍として、仮に直線状につないでいったら、その長さは、太陽系の大きさよりも大きくなるということを、化学の基礎的な知識を使って、証明したものです。

 高校化学の分子量の考え方がわかっていれば、およそ理解できる話ですし、わかっていなくても、およそ理解できるように記述していったつもりです。

 計算は出来るだけわかりやすく、書いてあります。


DLmarketで購入


この記事へのコメント