『科学的に安全でないものは心理的にも当然安心できないのである』(170322)

 東京の豊洲のベンゼン汚染は、もともと東京ガスの石炭ガス工場の跡地ゆえに環境中に放出された環境破壊、基準値の100倍、土の基準の4万3000倍という値が検出されたベンゼン。これは環境汚染物質である。東京ガスは当然その汚染された土壌の浄化をしてから売却するのが筋である。あるいはそれを分かって東京都が購入するなら、汚染土壌を撤去してから市場を作るべきである。コンクリートで蓋をしてという思想が根本的に間違っている。

 基本的に平和的自然環境中に存在しないものは人間はじめほとんどの生き物にとって有害で、あってはならない人間がお金儲けのためにとか面白半分でとかで自然環境中に放出すべきではないと考えるのが安全・安心の土台である。

 人間は大自然をどんどん汚染してきた。しかし人間は汚染された環境を嫌うものである。たいがいは病気の原因になるし、臭かったり、心を持った人間は無意識的に将来の病気や不幸を予見して心理的にも気分が悪くなるからである。
 しかしながら人間はお金儲けを最優先している。すなわち自然を守ることより破壊が優先事項になっている。その大自然のなかで浮舟のような人工物を作り、その浮舟にすがって生きるという戦略だ。その戦略にやすらぎがないのは明らかである。
 たとえば豊洲の市場でなくとも、自然から生まれた人間が口にする食品は自然の産物が一番安全だからである。人間は少なくとも平和的あるいは時には過酷な自然環境の中で進化発展して人間になったからである。ベンゼンといった発がん物質や神経中毒砒素などが不自然に多量に恒常的にあっていいわけはないのである。たとえ人工の浮舟が外界から隔離され水も空気も清浄にろ過され浄化されて、限られた人間が快適に暮らせたとしても、それ以外の人間も、浮舟の中の人間も、口にする食品が汚染されていてはどうしようもない。

 いや野菜は野菜工場で水耕栽培し、魚介類は養殖し、牛や豚などは家畜だから、結局大丈夫、何しろ彼らは考える。
「炉過浄化できれいな水空気を得、、魚や家畜のえさもきれいにしておけば大丈夫だ」と。
 自然破壊を拡大し続けて本気でそういうことを言うのだろうか。

 いやはや時間の問題。自然破壊が深く広がれば水耕栽培も魚介類の養殖も、家畜も、お金儲けを優先する限り、深く汚染され、けっして健康的なものができるというものではない。世界的な規模での地下水の汚染、砂漠化、マイクロビーズ、pm3.5、もちろん放射性物質。あげたらきりがない。昨今むやみに増えた香料。殺虫剤。未知の汚染物質もあるにちがいない。

 汚したらまずは汚染を除去することが先決だし、そうすることが基本的なマナーである。タバコの吸殻を道に捨てないようにとか、紙くずはゴミ箱へ、とかを守るのと同じことである。

この記事へのコメント