『問題と解説(以前出した電流の二重性の関連本)・販売は月曜以降』(180506日曜日)

『問題と解説(電流の二重性)』という電磁気の問題集の本を出した。  表紙カバーの写真。    以下本の内容は、出版した電子書籍サイト、DLマーケットに書いた商品説明。   本書のまえがきより。  この問題集(および解説)は、ご存知のように『電流の二重性』(理系向け)の理解をより容易により確実にするために作ったもので、解答とその解説でできています。  ただし『電流の二重性』という本の趣旨は、まさに電流の二重性に着眼点があるので、この問題集の問題は、そこからじゃっかんはずれる面もあります。  そこについて言うならば、この問題集は、電磁気の基礎を押さえるための問題が多いということです。  解説や式、詳しい説明などがあって、そのあと解答欄に最終的な答えのみが入っています。 【問題集(および解説)、電磁気学、『電流の二重性』】

続きを読む

『電流の二重性』(理系向け)を三月末に出した180402

 先日、『電流の二重性』(文系向け)を出したけれど、次に理系向けを作って、DLマーケットに載せておいた。中身の違いは、光電効果の説明のところがじゃっかん違うだけで、ほとんど同じで、けっていてきに違うのは、内容をより理解してもらえるように、各章、問題が付いているということである。  この問題の答えと解説はまた別に本を作っているところだけれど、今のところは、問題付きということで出版した。

続きを読む

電流の二重性 高校物理で考える量子論 導線内の電子の移動速度と瞬時に点灯する時間の格差20180307

 いままで折に触れて考えてきた、『電流の二重性』についての書籍を完成させた。  春休みになってようやく暇ができてなんとかこぎつけた。このあと、問題付の同じ本作るので、こちらは文系向けということにして出版した。問題付では、本文中で出てくるさまざまな数値や理屈を分かるようにするつもりである。  文系向けでは、そのあたりをできる限りカットして、「電流の二重性』、光にも見られる二重性ができるだけ容易に理解できるよう、流れに配慮した。  より詳しく知りたい方は、販売ページ内の試し読みを読んでもらえればと思います。 DLマーケットへのリンク

続きを読む

『落雷一発1[C]――1クーロンは大きいのか小さいのか(改訂版)をまた見直し』(171003)

 一冊売れたのを機に読み直して、あちこち少し修正した。読み返してみて、この本は簡単だけれど、だんだん難しくなってきて、最後のあとがきは、まあちょっと高校生には難しいかもしれないと思った。ただ、文章のところは理解できなくても、表を見ていくだけでもここは得るものがあるだろう。

続きを読む

『高校生向けの本を出す(距離と角度(斜方投射))』(171001)

 高校の物理のレベルで学ぶ斜方投射を応用した問題付の電子書籍。何度の角度でボールを投げたらもっとも遠くへ飛ばすことができるのか。ありふれたテーマではあるけれど、はずかしながら知識の確認などをこめて本にした。これでけっこう苦労があったのだ。  初速がいくらでどれだけの距離を飛ぶのか。それを題材にして、結果的に、斜方投射の勉強をするのにうってつけな本になってくれればありがたいのだが。  問題をつけて答えもつけてフォントも「MS明朝体」と「Times New Roman」を使い分け、というのはパソコンでけっこう時間もかかるのだ。

続きを読む