『科学的に安全でないものは心理的にも当然安心できないのである』(170322)

 東京の豊洲のベンゼン汚染は、もともと東京ガスの石炭ガス工場の跡地ゆえに環境中に放出された環境破壊、基準値の100倍、土の基準の4万3000倍という値が検出されたベンゼン。これは環境汚染物質である。東京ガスは当然その汚染された土壌の浄化をしてから売却するのが筋である。あるいはそれを分かって東京都が購入するなら、汚染土壌を撤去してから市場を作るべきである。コンクリートで蓋をしてという思想が根本的に間違っている。  基本的に平和的自然環境中に存在しないものは人間はじめほとんどの生き物にとって有害で、あってはならない人間がお金儲けのためにとか面白半分でとかで自然環境中に放出すべきではないと考えるのが安全・安心の土台である。  人間は大自然をどんどん汚染してきた。しかし人間は汚染された環境を嫌うものである。たいがいは病気の原因になるし、臭かったり、心を持った人間は無意識的に将来の病気や不幸を予見して心理的にも気分が悪くなるからである。  しかしながら人間はお金儲けを最優先している。すなわち自然を守ることより破壊が優先事項になっている。その大自然のなかで浮舟のような人工物を作り、その浮舟にすがって生きるという戦略だ。その戦略にやすらぎがないのは明らかである。  たとえば豊洲の市場でなくとも、自然から生まれた人間が口にする食品は自然の産物が一番安全だからである。人間は少なくとも平和的あるいは時には過酷な自然環境の中で進化発展して人間になったからである。ベンゼンといった発がん物質や神経中毒砒素な…

続きを読む

『今日授業の合間に話したたとえ話』(170315)

 物理や化学の法則などは、氷山の一角である。という話をした。たとえ話である。人間の科学は自然界の真理からしたらほんのかすかなひとかけらである。そういうことを知ってもらいよりよく自然を理解してもらうためのたとえ話である。  物理や化学の法則などは、氷山の一角である。だから新たな発見があれば、またそれ以前よりも多くの疑問が出てくるということなのである。  物理や化学の法則などは、氷山の一角であるということを知らないと、タイタニック号が氷山にぶつかって沈んでしまったように、人間は自然界から多くのしっぺ返しを受ける可能性があるよという話なのだ。

続きを読む